ドイツの政治家による福島第一原発や日本政府への見解。それから日本政府へのお願い。

動画の御紹介


ドイツの政治家、環境・自然保護・原子力安全に関する委員会の議長である、Sylvia Kotting-Uhl(シルビア・コッティング・ウル)氏が、福島第一原発や日本政府への見解を語っている動画である。

最後の方では、日本政府へのお願いまでされている。

日本政府は、このような見解を知るべきであり、誠実な対応をすべきだ。


コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【予知夢だった1】埼玉県西部で洪水が起きる夢