薄毛・抜け毛の悩み対策方法

髪を育てるポイント

●積極的に摂取すべき栄養素=髪の材料となる『タンパク質』、亜鉛・銅などの『ミネラル類』、血行促進効果がある『ビタミン』の3つ。

牛乳・肉・魚・卵・大豆(きな粉・納豆・豆腐など)・海藻・小魚・緑黄色野菜。

なるべく肉より魚の和食中心の方がいい。

●頭皮の血行改善にすべきこと=体質にあった『シャンプー』や『養毛剤』を使う、指の腹で『頭皮をマッサージ』、毛細血管を収縮させてしまうので『ストレスの少ない生活』を心掛ける。

薄毛の人間は、頭皮に軽い炎症を起こす可能性が高いので、頭皮の炎症を抑えるため、皮膚のかぶれなどを起こさないシャンプーや養毛剤を使うこと。養毛剤は最低3か月は使い続けること。

育毛剤は、薄毛や抜け毛を予防する効果があるので、悩み始める前から使用してもいい。

マッサージは、力を入れてやり過ぎないこと。

ケアで大切なのは、シャンプーをしたら必ず『トリートメント』をする。そしてドライヤーで乾かす前に『必ずタオルで水分を拭きとる』こと。

ストレスと同様に、睡眠不足は自律神経のバランスを崩して血行を悪くするので、規則正しい生活習慣を心掛けること。

※①髪と頭皮を清潔に保つ②髪に水分と油分を補う③毛根の新陳代謝を高める。この3つが大切。

※『エビネ蘭のエビネエキス』に育毛効果があるので、エビネ蘭を使用した育毛剤がオススメ。(←男女双方に効果が認められている)

※ビニール袋に氷を入れ、1日朝晩、気になる頭皮部分を刺激する『冷凍育毛法』も脱毛改善に効果あるようだ。

(私は現在、洗い流さないトリートメントそれから洗髪前マッサージ用オイルとして『大島椿』を使用中)

もくじに戻る

手作り育毛水の作り方


【エビネ蘭の育毛水】

《材料》

葉・茎・根を含むエビネ蘭1株
消毒用アルコール(70%前後濃度)
市販のヘアトニック(50~60%濃度)

《作り方》

①エビネ蘭の葉と茎と寝を水でよく洗う。

②葉・茎・根を小分けにする。

③ステンレスだと酸化しやすいので、セラミックのハサミか訪朝で3~4㎝程度の長さに切る。

④細かくしたエビネをミキサーに入れる。

⑤ミキサーに消毒用アルコール300mlを注ぎ入れ、30秒程度。

⑥密封容器にカーゼをのせ、エビネのエキスをこす。

⑦その密封容器に、市販のヘアトニック300mlを加えて、出来上がり。

※冷蔵庫で保存し、2~3週間で使い切るようにすること。


【マイタケの育毛水】

(どんな脱毛にも効く、白髪にも良い変化あり、男女年齢問わずに効果あり。更に簡単に作れる育毛水)

《材料》

マイタケ500g
ホワイトリカー1ℓ
水適宜

《作り方》

①マイタケを1週間~10日間陰干しする。

②カラカラになったマイタケを、密閉容器に入れて、ホワイトリカーを注ぎ、冷暗所で保存。1か月間漬け込み原液を作る。

③1か月経ち、原液1対水2の割合で薄めて、出来上がり。

※冷蔵庫で保存し、2週間で使い切ること。


...他...


イチョウの葉、にがり、ルイボス茶、アロエでも、手作りしようと思えば作れるようだ。作り方を知りたい方はリサーチ。

使用前は必ずパッチテストをすること。異常があれば使用しないこと。肌に炎症がある場合は使用をやめること。

もくじに戻る

育毛効果のあるレシピ


【黒豆黒酢】

(高血圧や糖尿病の改善、抜け毛や白髪をなくす効果あり、「コリン」は脳や神経の働きを活発にする)

《材料1日分》

黒酢50g
黒酢30ml
ハチミツ小さじ2
水1ℓ

《作り方》

①黒豆を軽く水洗いし、水に一晩つけておく。

②黒豆をもどした水ごと鍋に入れて火にかけ、沸騰したら中火で約1時間煮込む。アクはとらず、水が少なくなったら差し水をする。

③②に黒酢とハチミツを加え、ひと煮立ちさせて火を止める。密閉容器に入れて冷蔵庫で保存。1週間で食べきる。

※1日のうち2~3回に分け、食前に汁ごと食べる。食べる前にレンジでチンすると効果アップ。


【黒豆の煮汁】

《材料1日分》

黒豆50g
水1ℓ

《作り方》

①黒豆を一晩、分量の水にひたしておく。12時間程度。

②ひたした水ごと黒豆を鍋に入れて、火にかける。

③沸騰までは強火、その後は弱火で20分間煮る。有効成分が溶けだしているのでアクはとらない。

④鍋を火からおろし、煮汁をざるでこしとる。冷蔵庫で保存し、1日で飲み切ること。飲む前にレンジであたためた方が良い。

※1日3回、コップ1杯程度ずつを目安に飲む。


【きな粉ミルク】

(育毛の他、便秘を改善する効果もあり)

《材料1日分》

牛乳200ml
きな粉大さじ1~2杯
ハチミツまたは黒砂糖少々(私はパルスイート)

①材料を全て入れて、混ぜるだけ。

※朝と晩、1杯ずつ飲む。牛乳でお腹ゴロゴロする人は、レンジでチンして飲むといい。

※きな粉+ゴマの商品があるので、それを入れてもいい。


【小豆茶】

(生活習慣病・老化・ガンなどのもとを消去する働きがあり、抜け毛や薄毛のトラブル改善にも役立つ)

《材料2日分》

小豆60g
水900ml

《作り方》

①小豆をよく洗う。小豆は皮がかたいので、煮る時に火が通りやすくするよう、前の晩から分量の水につけておく。

②1晩置いたら、鍋に入れ、弱火で30分ほど煮る。吹きこぼれそうになったら、コップ1杯の差し水をする。アクに栄養成分が含まれているので、アクはとらずに煮続ける。

③水の量が3分の2くらいになったら、出来上がり。茶こしでこして飲む。1日300mlくらいを目安に飲むといい。冷やして飲んでもOK。

もくじに戻る

効果的なツボ


【脱毛予防に効果的なツボ】

百会=眉間から上へ向かう線と、両耳から頭頂部に向かう線が交差した場所。

天柱=「ぼんのくぼ」の左右にある太い筋の外側のくぼみの場所。

風地=「天柱」から2㎝ほど外側。髪の生え際のくぼんだ場所。


【脱毛・白髪・不眠・めまいの解消ツボ】

正営=耳の真上と頭頂部を結んだ側頭部、上から3分の1下がった場所。

玉枕=後頭部の中央の隆起から左右に指2本分横にある。

※頭皮を人差し指でマッサージ。


【抜け毛や白髪の予防・改善、手のひらのツボ】

(ねこっ毛や細毛も改善)

脱毛点=親指のつけ根にある関節のシワの中央部分。

※親指の爪を立てて、少し強めに刺激。その周辺も押すようにもむと、更に効果アップ。

もくじに戻る



コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」