【感想】ダンボ

予告編




2019年に公開されたアメリカ合衆国の映画。監督はティム・バートン監督。

キャスト


●ダンボ→耳の大きな珍しい象

●ジャンボ→ダンボの母親

●父親役ホルト・ファリア→コリン・ファレル

●ホルトの娘役ミリー・ファリア→ニコ・パーカー

●ホルトの息子役ジョー・ファリア→フィンリー・ホビンス

...他...

あらすじ


メディチ・ブラザーズ・サーカス。第一次世界大戦やインフルエンザの流行などを受け経営が傾いていた。

団長は、一座の再興のため、妊娠した雌のアジアゾウ、ジャンボを購入。しかし生まれた子象は、異常に大きな耳を持って生まれた。

失望した団長は、ホルトに子象の世話を任せる。彼の子供達であるミリーとジョーは、ダンボが飛べることに気付く。

それをショーで披露したことにより、メディチ・ブラザーズ・サーカスに変化が起きていく。

感想


とにかく、ダンボが可愛い!その可愛さもあり、大人でも泣ける!

幼稚園児くらいの小さな子供でも、絵本を楽しめるように、観れる映画。

でもダンボが可哀想で、子供なら、すぐ泣いちゃうかもしれないなぁ(汗)


ここのとこDisney映画、ウォルト・ディズニーらしさを、引き継いでいるような作品が多い気がしている。

だから何だか好きだ。

それは娘役の台詞部分で気付いた。なので教育的な内容でもある。家族で観るのにオススメ♪



コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」