【救急メモ】緊急時に行うべき基本対応

救急車を呼ぶかどうか判断

1.周りの人達に声をかけて、応援をお願いする。そうすることにより、救急にあたる人、AEDを取りに行く人など、役割を分担できてスムーズに救助可能になる。

2.耳元で名前を呼びかけたり、肩や頬を軽く叩いたりして、意識があるかないかを確認する。

3.意識がなければ、119番に電話をする。

4.状況に応じて気道確保、人工呼吸、心肺蘇生など、救命措置を行う。

●呼吸があれば回復退位=横向きに寝かせる。

●呼吸がなければ気道確保=仰向けで顎を上げ頭をのけぞらせる。吐き気や嘔吐がある場合は顔を横にする。

心肺蘇生=心臓マッサージ(胸骨の下半分に両手を重ねて1分間に100回のペースで30回行う)や人工呼吸(2回)をする。

心臓マッサージ(30回)と人工呼吸(2回)を交互に繰り返すが、人工呼吸ができない場合は、心臓マッサージを優先して行う。AEDを行う。

※意識があっても呼吸が変ならば119番をし気道確保。呼吸が普通でも麻痺があったり、ろれつが回らない場合も119番をする。

もくじに戻る

119番!救急車を呼ぶ方法

1.119番に通報する。

2.「火事ですか?救急ですか?」と聞かれたら、「救急です」と答える。

3.「どうしましたか?」と聞かれたら、意識がない方の年齢、性別、状況を伝える。(先に、住所や目印になるモノを伝えてもOK)

4.「今どこですか?目印になるものはありますか?」と聞かれたら、住所と目印になるモノを伝える。

5.「あなたのお名前は?」と聞かれたら、自分の名前を答える。

6.「電話番号を教えて下さい」と聞かれたら、電話番号を答える。

※電話で心肺蘇生をするように言われたら、その通りにする。

もくじに戻る

AED(電気ショック)の使い方

1.電源を入れる。電源ボタンを押すか、ふたをあけるか、いずれかの方法で電源が入る。電源が入ると、音声ガイドが始まる。

2.電極パッドを貼る。体がぬれている場合はふき取る。音声ガイドとパッドに描かれている絵に従い、胸の2カ所にパッドを貼る。パッドを貼ると自動的に心電図等を摂り始めるので、体に触れないようにする。(体に触れていると正確な心電図の解析ができない)

※医療用パッチを貼っている場合はがす。ペースメーカーが植え込まれている場合そこから離して貼る。

3.電気ショックが必要な場合、音声ガイドが電気ショックを開始するボタンを押すように指示するので、押す。

※体に触ると感電の危険があるので、周りの人達にも声をかけ、離れてもらい、押して離れる。

4.電気ショックが終了したら、心肺蘇生=心臓マッサージ(30回)+人工呼吸2回を1サイクルとして行う。

5サイクル行ったら再びAEDを使う。電気ショックが不要で、意識や呼吸がない場合は、心肺蘇生を繰り返す。

もくじに戻る

私の救急体験をお読み下さい

1.私は子供の頃に、インフルエンザによる脳炎になり、熱性けいれんで意識を失い、救急車で病院に運ばれたことがある。

その時の母は、緊急時の対応ができていなかった。

高熱に驚いて大人の解熱剤を飲ませてしまったし、意識を失ってから発見までの時間も遅かったし、舌が喉の奥に入らないように舌をおさえるという、何から何まで間違った対応をしていたのだ。

勿論、私は後から知ったのだが。

他にも「鼻血が出た時は上を向け」「首の後ろを叩け」とか言われたものだ。(鼻血が出た時には、うつむき姿勢が正しく、首の後ろを叩くのはNGだ)

そうして結構、間違った対応をしがちだったりするものだ。


2.子供の頃、姉がヘルメット無しで自転車を運転していて、しかも両手をハンドルから離して遊んでいたため、転んで頭を打って動かなくなったことがある。異変を感じた私は三輪車をこいで家に戻り、母に「救急車を呼んで」と伝えに行ったなんてこともあった。


3.10代後半から、私がコンビニで働いていた時は、私自身が119番や110番をすることが、よくあった。

特に東京の店舗は、東京の中でも治安が悪い場所だったので、万引き、不審者、暴力、詐欺、事故と、まぁ~本当に多かった。だから通報する側としても、慣れてしまうほど。

しかし、コンビニ近くの交差点で、軽ワゴン車に乗った女性運転手が意識を失い、歩道に乗り上げていて、第一発見者に119番の通報をお願いされた時には、さすがに私もどうすればいいのか、どれが正しい対応なのか判らなかった。

持病による発作の可能性もあるし、交通事故での当て逃げで頭を打ち意識を失った可能性もあるし、そうなると気道確保や心肺蘇生をするにも考えてしまう。

車に乗ったまま意識を失っている女性に対して、どうすればよかったのか...頭を打っていた場合、変に動かして、悪化させてしまっても大変だし。

車もどうしていいか判らなかった。歩道に乗り上げてはいるから他の車は避けられるが、交差点なので事故の危険もあるし、でも事故で意識を失ったのであれば車は移動させてはいけないだろうし。そもそも私はペーパードライバー。

しかも、お店は少人数でまわしているので、1人でも抜けるのは無理。せいぜいできたのは状況を確認後すぐ119番するだけだった。あとは第一発見者にお願いして、救急車が来るまで女性運転手についていてもらうしかなかったのだ。

このような時の状況判断は、特に難しいので、119番に通報した時「どうすればいいか」を聞いて、その指示通りにするのが一番かなと思われる。


4.我が家では主人が喘息持ちだが、結婚前の同棲を開始した直後に、引越し疲れもあり、喘息の発作で息ができなくなり、しかも薬が切れていたため(汗)119番に通報した。

結婚後にも、福島で暮らしていた時には、主人がギックリ腰になり動けなくなってしまったので、仕方なく119番に通報したことがある(汗)


こんな感じで、私は119番や110番に通報することが多かった。


そうそう通報する機会がない方にしたら、いざという時に、どうすればいいのか。ドキドキしたり、焦ったりもするだろう。どう対応すればいいのかも判らない。

そんな時のために、こちらに正しい基本対応をメモっておいた。参考にして下さい。

もくじに戻る

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【予知夢だった1】埼玉県西部で洪水が起きる夢