スキップしてメイン コンテンツに移動

【感想】フォーエバー・フレンズ


フォーエバー・フレンズ(英: Beaches)




1988年のアメリカ映画。

【監督】

ゲイリー・マーシャル

【脚本】

メアリー・アグネス・ドナヒュー

【原作】

アイリス・レイナー・ダート

【出演者】

ベット・ミドラー

バーバラ・ハーシー

映画感想


テレビで放送されていて、たまたま見た映画。女性2人の友情の話である。

展開としては、ありきたりなパターンなのだが、スピードが早いからだろうか。ついつい最後まで見て「あぁ~、良い映画だった」となれた。

きっと、それは、幼少期の可愛らしい彼女らの姿から見せられているので、どう成長し、どうなっていくのか...親戚の子供を見るような感覚に近いからかもしれない。


あなたには、身内のように、一生、付き合えそうな親しい友達って、いますか?

...親友...

友達ならいても、親友となると、そうそう、いないと思われる。


特に女性は、結婚し家庭に入ると、自分の友達と遊ぶ機会も減ってしまう傾向だったりする。良妻賢母なら尚更だ。

それで気が付いたら「だいぶ会ってない!」なんてことになり、ちょっとした孤独を感じやすいかもしれない。


この映画を見ている時、私が最初に思い浮かべた友達は、幼稚園と高校で一緒だった子。

小学校と中学校は違ったのだが、小学生の頃、私が通っていた塾の男友達繋がりで、その友達と文通をすることになった。中学生になると部活が忙しくなり文通の回数は減った。「どこの高校に入るの?」「○○高校」「同じだね♪」というような、やり取りが最後だったと思う。

そしたら偶然にも同じクラスだった(笑)入学式の日には、既に友達だったので、お互いにハイタッチし「イエ~イ」という感じで、挨拶し合ったのを憶えている。


友達は中学時代から続けてきたバレー部、私は「もう運動部には入らない」と決めていたので、華道部(←茶道もするのだが、食いしん坊なので和菓子と抹茶に惹かれ(笑)ほぼ帰宅部なのに、華道の資格取得可能だったし)に入部した。


最初の頃は行動を共にしていたが、その行動を共にするグループの中に、私と小学校から一緒の同級生がいた。何故か入学式の日から、友達の名前を知っていたので、どこかで知り合いだったのかもしれないが。

その同級生は私と同じく小学生の頃からピアノを習い、小学校のクラブも一緒。中学校も一緒。高校のクラスも部活の華道部も一緒(笑)共通点が多いので、別に嫌いではないし、話も合う。精神的にも比較的、落ち着いた部分があり、他人の文句を言うこともない。良い子だ。

しかし、小学生の頃から目立ちたがり屋で、女子から嫌われる傾向なのも知っていたので、ちょっと距離を置きたくなったのだ。それでなくとも部活でも一緒だし。そこまで親しくはしたくなかったのだ。

実は、小学生の頃のクラブ。私が部長、その同級生が副部長だった。それで、その同級生が部長のように偉そうにしてしまい、他の子達が文句を言いだし、その結果クラブが無くなったのだ(汗)そう、本人は気付かないのだが、トラブルメーカー(笑)

ちなみに高校の華道部では、その同級生が部長、私が副部長になった。小学生の頃とは逆状態だ。部員数が少ないので廃部になりそうだったのだが、2人で協力してステージでアピールしたところ、予想外にも男女に大人気になり、教室の外の廊下にまで沢山の入部希望者が集まった。

次から、日に日に、減っていったが(笑)同級生とは、ある意味で、良いコンビではあった。


入学式の日、私の席に間違って座ってた子がいたのだが、それが運命的でもあり、性格的にもサバサバ系の似た者同士で、その子と親しくなれた。今では親友の1人だ(現在は、会えてないが)。


それで文通をしていた友達には、「あのグループでは行動を共にはしない」ということを、ハッキリ伝えた。そもそもグループでつるむのも好きじゃない(笑)

友達にもバレー部での付き合いがあり、そのバレー部の中でも意地悪そうなボス的存在が同じクラスにいたし...それに小学校・中学校からの付き合いの友人が、同じクラスにいて、しかも私と同名。気を使うと大変だろうと思って。

本当は、せっかく同じ高校、同じクラスになれたので、もっと親しい友達付き合いをしたかったのだが、お互いに、そうもいかなそうだったのだ(汗)だから早めに伝えた。

もし、そういった、そうもいかなそうな障害がなければ、きっと親友になれていたことだろう。私とは違って、可愛くて、優しくて、真面目で、文句1つも言わなそうな良い子だが。

そのタイプの違いというのも、この映画の女性2人に似ていた。私は明らかに、子供なのにタバコを吸ってた方だ(笑)


他に私の親友といえるのは、過去に2人いたくらい。1人は親しき仲にも礼儀がなくて絶交、もう1人はフィリピンに帰国し連絡し合えない状態。

今後また死ぬまでに、親友といえる友達は、できるのだろうか?と考えてしまった。犬繋がりからの親友は、できる可能性あるかもしれない(笑)



公式サイト(オフィシャルサイト)
『レラ・キャッスル公式サイト』
●「怖いほど当たる!」と好評の無料占い実施中
●天然石のアクセサリーをオーダーメイド受付中
●公式ショップでしか手に入らない商品も販売中
●全てのサイト・ブログ・SNSへアクセスに便利

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患


『ギフテッド』という言葉は聞いたことはあるけれど「何がどう普通の人間と違うのか?」「いったい何が真実なのか?」よく解らないような不明確な情報が多いことから、私なりにリサーチし、その中でも正確そうな情報を記録しておく。 ★ギフテッド(Gifted)とは? 生まれ持った(先天的)才能を持ち、平均以上の能力を発揮することができる人間。過敏な特性を持ち、高いIQまたは高い創造性、高い目的意識がある。

「神または天から授かった才能を持つ人」という意味で『ギフテット(Gifted)』という。

語源は英語の『ギフト(Gift)』からきていて『贈物』という意味である。


ギフテッドというとIQなど学力が高いイメージだが、芸術やスポーツで並外れてる場合『タレンテッド』という。

※ちなみに私は絶対音感など持っていることから、確実に『タレンテッド』の方である。

他の詳しい情報こちら→『ギフテッド』


ギフテッドが、発達障害や精神疾患と誤診されている背景があるようですが...脳医学が発展してる現在では、最新医療機器も素晴らしいですし、本当に医療機関で誤診されている背景があるのかどうかは少し疑問ですね。

ただ、医療機関や教育機関のみならず、世間一般的にも誤解されてる方が多いようなのでギフテッドの解釈には注意が必要です。

『ギフテッド=発達障害ではありません』

たまに障害を持ちつつ、一方では平均以上の天才的ともいえる能力を発揮する、要するに凸凹に発達した感じの人間もいることから、そのような誤解が生じているのだろうと思われます。

そう誤解している方の中には、発達障害や精神疾患を受け入れられなくて『ギフテッドだと思い込みたい心理』が働いてしまってる場合もありそうです。

ギフテッドと発達障害、どちらの脳も、普通の健常者の脳と違っていることは確かです。だからこそ普通の健常者との明らかな違いが出るわけで(汗)

...しかし、そもそも...

『1人1人の脳じたい、違っていて当たり前』ということを忘れてはいけない。
★ギフテッドの脳 小児精神科医のクラウディア・ヤンケッチ氏によると、ギフテッドの脳は脳のど真ん中らへんにある『間脳』が発達しているそうです。それで脳を最大限に利用できるとのこと。

こちら(画像あり)→『間脳』

私も脳のど真ん中が普通の人より大きい傾向(汗)

...他に...

優れた前頭皮質の活動。頭頂葉が大…

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

★予言内容
近年、大震災が増え、死への恐怖からか多くの人間達が、不安を煽るだけの『悪質な大地震予言』情報に惑わされている。

「2019年05月11日に南海トラフ大地震が発生する!」



昨日も、そのような大地震予言がされた日であった。

一昨日の05月10日、九州の宮崎県で、震度5弱(M6.3)の大きめ地震が発生したのだが、その震源が、南海トラフ大地震に繋がる可能性のある場所だったことから、余計に騒がれた。


...そこで...


こう投稿した私。

私は「今日、南海トラフ大地震は、発生しない!」と予言しておくべ!願望も含めて☆

こちら→『2019年05月11日の体調&宇宙&地球』

★予言的中
大地震というのは、M7以上の地震のことである。

2019年05月11日、M7以上の、南海トラフ大地震は発生しなかった!


...よって...


南海トラフ大地震の予言をしていた多くの予言者達は、嘘吐きの偽者と判明。それでお金を儲けている人間達がいるのならば詐欺師と判明。

それらの予言を信じて拡散していた人間達も同罪なので、全員が謝罪すべきであり、今後は自粛をすべきである。

まぁ、現在でも問題になっているので、そのような不安を煽るだけの不正確な情報を発信している、オカルト・スピリチュアル系の出版関係情報サイトは、しだいに仕事しづらくなるだろう。


災害は、『備えあれば憂いなし=普段から準備をしておけば心配ない』とはいわれるが、不謹慎で幼稚な精神の偽者や詐欺師らが発信している予言なんて、当てにしてはいけない。

無駄であり不要だ。生き残る時は何をしても生き残る。死ぬ時は何をしても死ぬ。そんなもんだ。

どうせ信じるのなら、自分の直感を信じろ。その上で冷静な判断をするのだ。『全ては自分次第』である。

★占術相談・パワーストーンオーダーメイドご依頼&公式ショップでの商品購入こちら★ 【レラ・キャッスル公式サイト】
全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利!

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」

★占術内容
再就職するために求職中の旦那様。なかなか良い会社が決まらず、広範囲で職探し。

すると遠い他県の会社から好感を持たれた。しかし近場の会社で、数日後に面接がある。

それで遠い他県の会社と、近場の会社と、どちらが正しい選択か占術することになった。

...その結果...

何の選択の障害もなく、遠い他県の会社に決める。近場の会社は精神的にキツイと出た。


★報告内容
当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、


この間、障害がないので間違いなく、遠い他県の会社に決めるでしょうってキッパリ言ってくださったんですが、見ていただいた次の日に、精神的にキツイ近場の会社の面接があって、私は「受かっちゃったらどうしよう、、」と不安だったんです。

が、面接直前に主人からメールで「この会社はない!」っときて、??だったんですが、ブラックの会社だったようで(~省略~)その時に「この会社はない!」って思ったそう。

二重生活で大変だが「遠い他県の会社で腹をくくるか」と主人が言いました。こんなにスルッと決まるとは、、びっくりして鳥肌立ちました。


それと、もう一つ当たったのが、私のことで。

私の1年間をみてくださって、4月、過労とストレスで突発的な激しい病気にかかることが書いてありまして、現に今、もう3日もお仕事休んでいるのですが、急に気持ち悪く、嘔吐が続き病院に行きましたら、症状からみると「ストレスですね」と言われました。

leraさん凄いなぁ、、、

★占術相談・パワーストーンオーダーメイドご依頼&公式ショップでの商品購入こちら★ ★【レラ・キャッスル公式サイト】

全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利!