【ルーツ】狐


白狐の伝説


ルーツに関するブログ記事に、まさかの『狐』を記録することになるとは(笑)


朝廷側である阿倍家には、陰陽師として最も有名な安倍晴明がいる。実は安倍晴明には、エミシ側である東北の安倍家説がある。

しかし、そもそも朝廷側である阿倍家というのは、エミシ側である東北の安倍家とも繋がることから、どっちみち安倍晴明は私の先祖の1人である。

その安倍晴明の母親は、葛の葉と呼ばれる、稲荷の白狐の化身であり、正体を知られたため、泣く泣く子供や夫を残して、森へ帰って行った。

という、何とも奇妙な伝説がある。

詳しくは、こちら→『葛の葉』


子供に伝えるような昔話としては、ありそうではあるのだが、そのような昔話ほど「何だかの真実が隠されている」と、私は考えている。

桃太郎にしても、浦島太郎にしても、かぐや姫にしてもだ。

与次郎狐の伝説

1600年、徳川家康率いる東軍と、石田光成率いる西軍の、『関ケ原の戦い』が行われた。

その結果、東軍が勝った。

1602年の5月、負けた西軍であった、常陸国(現在の茨城県)を治めていた佐竹義宣に、国替えの命が下り、出羽国(現在の秋田県~山形県)へ向かった。


佐竹義宣といえば、美人を集めて出羽国へ連れて行き、その後の常陸国を治めた人間が不美人ばかりで不満を言ったので、今度は出羽国の不美人を常陸国へ移した。

そのために秋田県には美人が多く、茨城県には美人が少ない...という秋田美人のルーツをも含めた、茨城県の女性をディスるネタのような話で、有名である。この件に関しては、真実は不明(笑)


秋田県秋田市と山形県東根市には『与次郎稲荷神社』がある。

佐竹義宣に飛脚として仕えた狐の与次郎を祀る神社であり、こちらも『与次郎狐の伝説』として、後世に伝わっている。

詳しくは、こちら→『与次郎稲荷神社』

与次郎狐は、佐竹義宣が出羽国に来る前から住んでいた勢力。つまりエミシ側である東北の安倍家の末裔、安藤家(安東家)の時代からいた豪族、または、それに繋がる集団の長と考えられるようだ。

伝説に登場する狐について得た情報


●昔々は、身分の低い人々に対して、人間扱いをしなかったそうだ。動物と同じような扱い。

現代でも、太った人間に対して「豚」と言ってしまうのと同じように、「犬」や「狐」と言っていたようだ。

エミシは、人間でも動物でもない、バケモノ同然の「鬼」とも言われていたが(汗)

●大昔から、狐は『超人的な速さでの移動・伝達』の能力に重ねられてきたそうだ。

●稲荷から、稲や荷との連想で『豊作の神の使者』に重ねられる説がある。

●稲荷から、古代インドの言葉、『イナリ』は『奴隷の王』を意味する。

古代にインドから東アジアに向けて、イナリに率いられ移動してきた元奴隷の人々は、『犬』や『狐』に重ねられていた説がある。

レラの見解


これらの情報により、狐というのは、権力者ではない人々。

『身分の低い奴隷』のことを指しているのだろう、と思われる。

...そして...

『足が長いので、足が速い』のであろう。

この点から頭に浮かんでくるのは、まさにエミシと繋がる『長髄彦』である。


現代の日本でも東北の人間は、他の地域の人間よりも、足が長く背が高い傾向。特に男性は。

朝廷側からすれば、まさに『エミシ=奴隷』といえよう。


古代インドの情報が、最も気になった。

...ここからは、もしもなのだが...

『奴隷の犬=アイヌであれば、奴隷の狐=エミシと考えられる』

...そこから白狐を考えてみると?...

『白狐=白い奴隷=色素が薄いエミシ)』

...つまり...

『葛の葉=色素が薄いエミシの女性』を表現しているのかもしれないのだ。

薄々は、そうかと思ってはいたが、これらの情報により、その可能性が高まった。



公式サイト(オフィシャルサイト)
『レラ・キャッスル公式サイト』
●「怖いほど当たる!」と好評の無料占い実施中
●天然石のアクセサリーをオーダーメイド受付中
●公式ショップでしか手に入らない商品も販売中
●全てのサイト・ブログ・SNSへアクセスに便利

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【予知夢だった】埼玉県西部で洪水が起きる夢