【感想】ダーケスト・マインド


映画鑑賞




原題:THE DARKEST MINDS(2018)

監督:ジェニファー・ユー・ネルソン

原作:アレクサンドラ・ブロッケン『The Darkest Minds』

出演者:アマンドラ・ステンバーグ、マンディ・ムーアなど

感想


主演のアマンドラ・ステンバーグさん、可愛らしさと美しさを合わせ持つ、珍しい魅力的な女優。

日本に関係するウケる物が出てきたせいもあり、クレヨンしんちゃんの映画『オトナ帝国の逆襲』っぽいと思ってしまった(笑)


強制収容所では、能力別にカラーを振り分けられるのだが、数学やパズルが好きだったりする傾向だとグリーン=天才でセーフ、オレンジやレッドは危険とされ処分対象となる。

そこで「ん?」と思った。

私はパズルは好きだけど、数学は嫌いだ。どちらも好きな傾向だと思ったら、大間違いだぞ(笑)

ちなみに、そのカラーだが、出演者の瞳の色でも表現されている。


危険とされる能力者については、ちょっと迫力に欠ける気がしたが、なかなか面白かった。

続きもあるのかな?



公式サイト(オフィシャルサイト)
『レラ・キャッスル公式サイト』
●「怖いほど当たる!」と好評の無料占い実施中
●天然石のアクセサリーをオーダーメイド受付中
●公式ショップでしか手に入らない商品も販売中
●全てのサイト・ブログ・SNSへアクセスに便利

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」