武蔵坊弁慶に何かを感じた

★2019年04月22日(月曜日)


2011年03月11日の東日本大震災前までは、特に歴史が嫌いで、歴史に疎かった。

そんな私が数年前、安倍一族から奥州藤原までについて描かれたNHKドラマ『炎立つ』を観た。

こちら→『炎立つ』

ドラマなら、複雑な家系の先祖について、まだ本よりは解りやすいだろうと思ったのだ。

しかし、観ている途中で引越やら、起業やらで、色々と多忙だった事もあり、すっかり最後まで観るのを忘れていた。


今日、次はエミシや東北に関する絵を描きたいと思っていることもあり、スケッチブックを前にして、何をどう描こうかと考えていた。なかなか良いアイデアが浮かばなかった。

それで、ふとNHKドラマ『炎立つ』を思い出し、観忘れていた第三部「黄金楽土」の後半~最終回まで観てみた。


そこには『武蔵坊弁慶』という人物が出てきた。



沢山の矢を受けても仁王立ちでいた。その映像を観ていたら、何か感じた。

何かよく解らないが、『武蔵坊弁慶に対して申し訳ない』というような感情である。


なぜ私が?先祖の誰かの気持ち?何だ、この感情は。


なので『武蔵坊弁慶』という男が気になった。

私「あの弁慶のこと?」

そう思いリサーチ。

ちなみに私は弁慶という名前、それから牛若丸と戦った人物というだけで知ってはいたが、他どんな人間で、何をしたことで有名なのかは知らなかった。

リサーチの結果、やはり、あの弁慶だった。

こちら→『武蔵坊弁慶』


出生からして詳細が不明で、何やらおかしな伝説まで残っている。

「生まれた時には2、3歳児の体つきで、髪は肩を隠すほど伸び、奥歯も前歯も生えそろっていた。父は『鬼子』だとして殺そうとした。叔母に引き取られて『鬼若』と命名され、京で育てられた」

この文から解ることは、髪の毛が多そうということ。それから奥歯といえば親知らずだ。親知らずといえば綺麗に生えそろう人種としては、縄文人または縄文系である。

(私は4本中3本が綺麗に生えたが抜いた。歯並びも縄文人に近く上下の前歯が重なってる)

鬼子に鬼若という名前から、鬼とされたエミシと似ている。

もしかして武蔵坊弁慶は、エミシの末裔なのか?ついTwitterでも、こう呟いてしまった。
さっそく『武蔵坊弁慶 エミシ』でリサーチしてみた。


...すると...


すぐに、ある一冊の本を発見!

『神になったエミシの末裔 武蔵坊弁慶』


【内容】

かつてない視点から描く弁慶像!弁慶が、渡来王朝の末裔光仁・桓武天皇の対エミシ三八年戦争によって強制連行された、戦争捕虜の子孫エミシの末裔だったことを論証するとともに『義経記』が津軽で誕生した背景を探る。

マジなようだ!!

これは読みたいが、お値段を見てみたところ、4000円代で高い(汗)

★占術相談・パワーストーンオーダーメイドご依頼&公式ショップでの商品購入こちら
【レラ・キャッスル公式サイト】

全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利!

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」