糖質制限開始から3か月経過した結果

★2018年10月15日~2019年01月15日まで


2018年10月15日から、こちら→『ケトン食療法とアトキンス食療法(糖質制限食)』

この本格的な正しい糖質制限食を開始。

1か月経過の結果は、こちら→『糖質制限開始から1か月経過した結果』


2019年になり『新たな糖質制限食による減量計画』を立て直した。03月下旬くらいまでには『標準体重』に戻る予定の減量計画となる。


現在2019年01月06日で、糖質制限食を開始してから84日。01月12日で90日となり3か月経過となるのだが、たいして変わらないので、今回は前もって投稿することにした。

12月は、糖質制限食に慣れてきたのもあるのか減りが悪くなった。クリスマスや年末年始と御馳走を食べるイベントも重なるので、リバウンド危険時期でもあったのだがセーフ。

今日までで、9.4kg減!

体に出ている変化としては、ワンサイズ小さいタイツが履けるようになり、お散歩用ジャージがブカブカになった。

1か月経過の結果からだと2.4kg減しかしてなかった(笑)

しかし健康的な普通の減量では1か月で2kg減が良いとされてるので、まぁ~いいだろう。

『大きなリバウンドさえしなければOK』という気楽な気持ちで続けていた。

最近では小腹が空いた時、便秘対策にもなり美味しいので『蒟蒻ゼリー』を食べている。


実は前々から、あるスマホアプリを使用し、減量も含めた健康管理をしている。糖質制限食を開始してから、どれだけ減っているのかグラフの方が判りやすい。

2018年10月01日~2019年01月06日までのグラフ。


薄いブルーの縦ラインは、確かリセット時期。

10月01日の後、最初のリセット時期後に体重が増えたのだが、それで本格的な糖質制限食をすると決意。

スイッチオン!

そこから一気に減り続け、1か月経過の結果を投稿した後から減りが悪くなった。

しかし、それでも確実に、徐々に減っているのが判るだろう。


このグラフを見ると「いったい体重何㎏オーバー?」と思うかもしれないが(笑)

20歳以降からの私は10㎏~20㎏の増減はよくあること。ホルモン異常が関係する体重の増減となると、こんな感じだったりするのだ。

元々スポーツしてたので筋肉量が多いからか、外見的にはポッチャリで顔が小さいので、おデブらしいおデブじゃないから余計に危機感が無い。既婚者のポッチャリなのにモテる時はモテるし(笑)たまぁ~に妊婦さんに間違われてしまうくらいだ。

危機感があり、モテずに酷い扱いされたら、もっと早く本気スイッチ入ったはず!

女性は特に『急激な体重の増減には注意』だ。『一週間で5kg~10㎏くらい増えたら、ホルモン異常』を怪しんだ方がいい。

その場合ちょっとしたことで減るのだが、リバウンドすると、すぐ戻る。それを繰り返すと、結果的に物凄く体重が増えてしまってた(汗)なんてことにもなるのだ。


一番太ってた体重から、今日の体重まで計算してみたところ『20㎏減』だった!そう考えると、すでに『20㎏減は達成してた』んだな(笑)

...恐ろしいことに...

一番太ってた体重から、歌手の卵時代の体重まで計算してみたところ、なんと『40㎏』!しかし歌手の卵時代は『標準体重以下で痩せ体重』だったが。

でも、こうして数字を出してみると驚くな。そりゃぁ~、異常な太り方だ。


今年とうとう『標準体重』に戻れるはずなので、このヤバイ体重の増減とも完全にサヨナラできるだろう。

主治医すぐオススメしてくれればよかったのに!

...と...今になって思う私。

自分に合う食べ物を食べ、合わない食べ物を食べないだけで、こんなに簡単にストレスなく減るのだから。

生まれてから今まで、どれだけ悪い食べ物を食べて生きてきたのか...

★無料占い・パワーストーンオーダーメイドご依頼&商品購入は、こちらから★
【レラ・キャッスル公式サイト】

レラ・キャッスルが持つ、全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利。大人気の『無料占い』、『パワーストーンアクセサリー』など興味のある方、ブックマークに追加し、どうぞお気軽にご利用下さい。お待ちしております!

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」