【感想】『わたしが芸術について語るなら (未来のおとなへ語る)』

★2018年11月下旬に読んだ本


私は成人だが、たまに『児童書』も読む。心は10代だ。

...その中でも...

私「こういう本を、10代の頃に読めたらよかったのにぃ~(涙)」

と思った本があったので、ご紹介する。


著者は、日本画家の千住博氏。

名字からして、あの有名一家の方なのは判るかと思われる。弟さんが作曲家の千住明氏。妹さんはヴァイオリニストの千住真理子氏である。

ちなみに、私は千住明氏が作る曲が好きだ。

こちら→『千住博』

児童書なだけあって、ご丁寧に漢字に振り仮名もあり、とても読みやすく、内容も10代の頭にスムーズに入るよう考えられているような感じがした。


『個性』について、それから予想外にもアイドルである『AKB48』についても、芸術面から語られてあり、興味深く読ませて頂いた。

『個性』については、そもそもは、そうだよなぁ~と共感できる内容だったし、『AKB48』についてはアイドル産業のイメージから、私は芸術とは遠いと思っていたのだが、そういわれてみれば...そうか...と別の見方が出来るようになった。

『芸術』については、最も芸術家にとって大切な心の持ち方、まさにそれだよな...という答えであった。


やはり素晴らしい作品を制作する人間というのは、芸術の見方も思考も素晴らしいのだ。


音楽や絵画など...芸術方面の仕事をしたいと夢を持つ10代は勿論だが、現在、何かしらで芸術に関係している成人にも、きっと良書となるだろう。

『芸術とは何か』

その答えは、この本に書かれてある!

★無料占い・パワーストーンオーダーメイドご依頼&商品購入は、こちらから★
【レラ・キャッスル公式サイト】

レラ・キャッスルが持つ、全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利。大人気の『無料占い』、『パワーストーンアクセサリー』など興味のある方、ブックマークに追加し、どうぞお気軽にご利用下さい。お待ちしております!

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」