【原発事故】福島の被曝サル研究成果

★被曝サルは『少し貧血気味』


2013年05月~14年12月、東北大などのチームは、福島県南相馬市で殺処分されたニホンザル約40匹の血液や大腿骨の骨髄などを調査。被曝の影響が殆どない宮城県内のニホンザルの血液と比較。

2018年11月22日までに、東北大などのチームは『東京電力福島第1原発の40キロ圏内に生息し、放射性物質に被曝した野生のニホンザルの血液中で、赤血球などの血液細胞が減少していた』とする研究成果を発表。

内部被曝線量が大きいほど、造血機能が低下している傾向があり「少し貧血気味」だったという。

★被曝サルの胎児、成長に遅れ


日本獣医生命科学大教授(野生動物学)らの研究チームは、福島市が個体数調整のため、2008~2016年に捕殺したニホンザルのうち、妊娠していたメスの胎児を調べた。

原発事故前後の計62頭のデータを比較したところ、事故後の胎児は事故前に比べ、頭の大きさが小さく、体全体の成長にも遅れがみられた。

チームは『事故による母ザルの放射線被曝が影響した可能性がある』と結論づけた。


(これらの情報は2018年11月20日~22日に掲載された新聞記事による情報である)
★無料占い・パワーストーンオーダーメイドご依頼&商品購入は、こちらから★
【レラ・キャッスル公式サイト】

レラ・キャッスルが持つ、全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利。大人気の『無料占い』、『パワーストーンアクセサリー』など興味のある方、ブックマークに追加し、どうぞお気軽にご利用下さい。お待ちしております!

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【予知夢だった】埼玉県西部で洪水が起きる夢