東日本大震災後に孤立する人達

★2018年10月31日(水曜日)に観たテレビ番組


ハートネットTV シリーズ 東日本大震災から7年『石巻・孤立する人たちを見捨てない』を観た。

2011年03月11日の東日本大震災から7年経過したが、今後の住宅が気がかりで、体調不良と不眠。孤立が深まる状況が生まれている。

当時、子供だった人にもPTSDで、不安から爪かみ症状、時には暴力的になることもあったり...成人~年配者だとアルコールに依存してしまう人もいる。

『見捨てられ感』というのも関係がある。


石巻駅前にある支援団体→『からころステーション』

そこでは精神科医や臨床心理士など、専門職の人達が支援活動をしている。県や市から委託を受け心のケアをしているのだ。

孤立している人達は、部屋に引きこもっていることが多く、自ら『助けて欲しい』と言えなかったりする。

なので支援団体が、1軒ずつ仮設住宅を訪問し話を聞いたり、生活再建に向けての相談に答えたり、場合によっては一緒に役所に行ったり、手続きのお手伝いもしていたりした。

★レラの見解


現代の都心部の高齢者に似た状態かもしれないと思った。勿論それより深刻な状況だが。


この世の中、雇われで働くとなると、40歳以上の転職は...次がみつかり安定した生活ができるようになるまで大変である。

まだ40代は経験や能力があれば正社員雇用の可能性はある。でも経験や能力がない場合、難しいだろう。50歳以上の高齢者となると、年齢や体力的な面で、かなり難しいだろう。

だからといって、そこから起業し独立しようとしても、それもそれで大変だったりする。

そんな中での震災からの生活再建となると...気力すら出ない状況になるのも無理はない。

『震災から7年も経ったのに、いつまでも支援に頼るな』なんて言うのは、そのような事を知らない、自分の事しか考えていない、冷たい人間が発する言葉である。自分がその立場だったら?と想像力を働かせてみて欲しい。

そういった年代の人の孤立が、石巻だけではなく、被災状況が酷かった東北の岩手・福島(関東の北茨城もかも)では起きている。

『からころステーション』のような支援団体、岩手や福島や北茨城にあるのだろうか?あれは他県も参考にすべきだ。

また、高齢者を対象にした、そういった支援団体の活動としても参考にすべきだと思った。

高齢者の役に立つサービスを仕事にしてる人はいるが...やはり...生活に困っている高齢者には、医療関係などの専門職の人達の支援団体の方が、色々な面で助かるだろう。元医療関係者でもいいし。とにかく心身を細かく見る癖があり、気遣える優しい人の方がいい。


このテレビ番組を観て、震災後に福島でパチンコなどギャンブルをしてしまう傾向だった人も、この『見捨てられ感』と同じ心理状態だったからか...と...「はっ」とした。

人間は、あまりにも酷い現実が起きると、精神バランスをとろうとする。現実を受け止めて、本当ならば節約すべきなのに、恐怖心なども関係していて『1人ではいたくない』『娯楽で一時でも酷い現実を忘れたい』と、むやみに浪費してしまう人もいるのだ。

『空元気』で、やけにテンション高くなる人もいる。

震災と原発事故時の父が、その状態だった。やけに頑張ろうと張り切ってる感じで、地域の高齢者の人達と一緒に、避難所で水を配ったり、毛布を配ったり、活動していたのだ。

でも、その最中コッソリお酒を飲んでいて、バレて「休んで下さい」つまり遠まわしに「来ないでいい」と言われたのでスネた...というようなことがあった(笑)

父は何かをして動いていなければ、そしてお酒を飲まなきゃ、やってられない状況だったのだ。いつもお酒は夕食時にしか飲まない。

周りの人達も、父の様子が空元気なのを見抜いていたに違いない。だから優しさで、そう言ったのだと思われる。でも父は単純なので子供のように真に受けてスネたのだった(笑)

こうなるのは男性や、何かに依存したりハマったりしやすい女性に多いかと思う。やはり脳の状態が関係していそうだ。

人間の危機時の心理状態は、実に様々である。

私は脳みそフル回転してたけど、精神は冷静で落ち着いていた。いつも冷めていて、精神図太いので(笑)死ぬ時は死ぬし、生きれる時は生きれる。健康なら何とかなりますしね。


★無料占い・パワーストーンオーダーメイドご依頼&商品購入は、こちらから★
【レラ・キャッスル公式サイト】
レラ・キャッスルが持つ、全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利。大人気の『無料占い』、『パワーストーンアクセサリー』など興味のある方、ブックマークに追加し、どうぞお気軽にご利用下さい。お待ちしております!

コメント

このブログの人気の投稿

ギフテッドの脳とアレルギー疾患

【予言的中】南海トラフ大地震予言否定

【報告】S.Mさん「当たりました、、もう鳥肌立ちました、、、」