感想『秋田「安東氏」研究ノート』

前のブログに残した『安倍○の夢』の記録。

そして静岡県の読者&クライエント様とのやり取りでも『静岡県には安倍川という川の他、安東という地名や学校もある』『名字に安藤さんも結構いて、裕福な家柄』のイメージがあることを知りました。

それから現在の『静岡県静岡市葵区』という場所、昔は『静岡県安倍郡安東村』だったのです!『安倍』も『安東』も入ってるなんて...なんちゅぅ~こった...(笑)

なので「東北以外の安倍家や安東家・安藤家について、調べる必要があるな」と思っていた。まず私の手元にある安東家に関して詳しそうな本『秋田「安東氏」研究ノート』を読み直しました。
今の私は、日本の県名などを全て脳内イメージで記憶しているので、本に出てくる県名などがすぐ頭に浮かびますし、あまり県名に興味がなく全てを記憶してなかった前に読んだ時よりも、理解はしやすかったです。

...しかし...

真ん中~後半は、安倍家や安東家の似たような名前の人達が出てくるので、誰が誰だか判らなくなり、そうなると理解不能。面倒くさくなるので飛ばし読みしてしまった。なので大雑把に流れを掴んだ程度しか理解していないです(笑)

安東氏の起源

安東氏の起源については、諸説ある。
  1. 藤崎系図
    長髄彦(ながすねひこ)の兄、安日彦(あびひこ)=安日王の子孫、安倍貞任(あべさだとう)の子供、高星(たかあき)を初代とする。

  2. 安藤系図
    第八代孝元天皇の子孫である阿倍比羅夫(あべのひらふ)を祖とし、その子孫『白鳥太郎則任(安倍貞任の弟、白鳥八郎行任の養子)』の孫、安藤太郎季任(あんどうたろうすえとう)を初代とする。

  3. 秋田系図
    長髄彦(ながすねひこ)の兄、安日彦(あびひこ)=安日王の子孫、安倍貞任(あべさだとう)の子供、高星(たかあき)を初代とし、先祖の安日彦(あびひこ)=安日王が、摂津国安倍野(大阪市阿倍野区)伊駒に住んだことにちなんで安倍、または伊駒と称したとある。
※ちなみに高星(たかあき)の子孫も『安東太郎(あんどうたろう)』と名乗っていた。

...『あんどうたろう』で思い出したのですが...

昔『母方が安倍家の出である安藤家の流れ』な私(母方曾祖母が安倍家の出の安藤家(父)×曽我家(母)の娘)は、母から、こう聞いた記憶があります。

母「太郎だか、次郎だか、五郎だか?から始まったっていうんだよね」

とにかく『○郎』って名前である事は確かですね(笑)


安藤太郎季任(あんどうたろうすえとう)を初代とする『2.安藤系図』は『三河安藤氏』の系図ですが、ここで東北と東海甲信地域が結びついた!

東北の安倍家の子孫であるだけでなく、『三河安藤氏の分家筋』である安藤重信の孫にあたる1人の娘は『秋田盛季の妻』であり、ここでも東北の安倍家の子孫である秋田家と繋がるのです。


安藤重信の何世代か後の子孫である安藤信成は『陸奥磐城平藩初代藩主(福島県いわき市)』で、ここから『陸奥磐城平藩の安藤家』が何世代か続きます。

福島県いわき市は、私の両親の祖父母や親戚達が多い場所であり、私が『永住しよう』と決意し、東日本大震災と原発事故で埼玉県に自主避難で移住するまで、住んでいた地でもある。

なので「三河安藤氏系の安藤家が近いかもしれない」と思ったのですが、ネット上で公開されている系図を見る限りでは、私や私に近い先祖までの流れが載ってないっぽいので、分からないですね。

一応、母に聞いたことはあります。

私「安藤家って、平藩主の安藤家だったんじゃない?場所的にも超~近いんだけど?」

...すると...

母「分かんない」

との答えだった(汗)


しかし母方祖父は、会津藩だった『安倍家の親戚の名字』の『子孫の名字』である家に、養子に入ったので...『会津藩と凄く近い関係の安藤家』だった可能性も高いのですがね。

そちらだと和算家・暦学者で、日本最初の魔方陣の解説書である『奇偶方数』を完成させた安藤有益。そこから繋がる出羽国(現在の秋田や山形)の安藤家が気になる家系です。


こちら→『安藤有益』

しかし、どの『安東家・安藤家』でも、どこかでは安倍家に繋がってるでしょうから、どこと繋がってても同じでしょうけど。もう面倒くさいから皆、先祖でいいかって感じ(笑)

安倍氏の元祖

この本を読み直して気付きましたが、ある安東家繋がりっぽい賢い医療関係者から教えてもらった内容と、同じような内容が載っていました。

安日彦(あびひこ)=安日王、長髄彦は兄弟(縄文の民)。この兄弟は日本の中央の地『中州の国』を営んでいた。中州の国は『邪馬台国』。後世の大和国つまり現在の『奈良県』!

...それを教えてもらった時...

私「邪馬台国?神話にまで遡れる古い家系だし、邪馬台国の卑弥呼とも繋がるっぽいのは気付いてたけど、マジ?思い込みや妄想でなく?」

って感じで疑っておりました(笑)賢い医療関係者だけあり、合ってたようだ。

その後の流れですが、その中州(奈良県)に九州から『日向族』という渡来人の集団が侵攻(弥生の鉄器文化を持つ強力な軍団)。つまり神武天皇の東征。それで長髄彦は戦死し、安日彦=安日王は現在の青森県に放逐された。


先に載せた『3.秋田系図』の説明の中に、祖の安日彦(あびひこ)=安日王が、摂津国安倍野(大阪市阿倍野区)伊駒に住んだことにちなんで安倍、または伊駒と称したとある。

大阪市阿倍野区は、あの陰陽師で有名な『安倍晴明の生誕の地』です。その安倍晴明は、実は東北の安倍家の血が流れる子孫では?といわれている。

まぁ、先に載せた『2.安藤系図』の説明の中に、阿倍比羅夫(あべのひらふ)とあるので分かるかと思いますが『阿倍は、のちの安倍』なのです。なので東北の安倍家とも繋がってるのは、確かだと思いますがね。

まとめ

うんざりするほど複雑で、難しい、安倍家その後の安東家・安藤家の家系。

安倍家の後は、安東家や安藤家となり、そこから違う名字になっていたりして『安倍』という名字は使用してない(はずなのですが...なぜか安倍総理大臣が使用している)。なのに、私の近い先祖の名字は『安藤家』です。「その違いは何だろう?」と疑問でもある。

とにかく東北のみならず、特に『東海甲信周辺~関西方面』とも縁があったことが解り、それに関してはスッキリしました♪

...やはり伝承のように両親から聞かされた内容...

「縄文人は、弥生人によって、北と南へ追いやられた」

これは縄文の民であった安日彦=安日王が、北に追いやられたことを指してたわけです。

(南は、同じ縄文の民からなる、沖縄方面の人達を指してるんだと思います)

★お気軽に、ご利用下さい★
【風夢伝説ウェブサイト】
大好評の占い相談こちら。ボランティア活動なので無料!!これが『私に出来ること』の1つなのです。
【Lera Castleウェブサイト】
パワーストーンアクセサリーご依頼こちら。感謝の声から生まれた『パワーストーンセラピスト』です。
【レラ・キャッスル公式サイト】
レラ・キャッスルが持つ全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利。お気に入りに入れて下さい。

0 件のコメント :

コメントを投稿