感想『サーミの血』

★2018年07月22日に観た映画

レンタルビデオ店に1枚しかなかったDVD。

『サーミ人』についてはロシア方面の民族で、動物の生肉を食べ血を飲む『ネネツ族』や、日本のアイヌに近い雰囲気を感じた。アイヌに近いのなら東北のエミシとも近い。

興味津々でDVDのパッケージを見てみると「あなたたちの脳は文明に適応できない」という一文が書いてあり、余計に気になった。


こちら→映画『サーミの血』公式サイト

ヨイクを聴いて驚きました。アイヌの独特な歌に似ている。

ヨイクはシャーマニズムと関連して誕生した音楽で、精霊と交信する際に、その状態を深めるために大声で行われていた。

自然界や人間同士のコミュニケーションを取るための方法でもあり、孤独な時に歌ったりもする。


監督・脚本のアマンダ・シェーネルさん自身にも、サーミ人の血が流れている。

主人公エレ・マリャ役レーネ=セシリア・スパルロクさんと、その妹ニェンナ役ミーア=エリーナ・スパルロクさんもサーミ人であり、実際の姉妹でもある。

主人公の老後クリスティーナ/エレ・マリャ役マイ=ドリス・リンピさんもサーミ人で、俳優、アーティスト活動をしながらトナカイを飼っているそうです。

彼女達に共通するのは不思議と『他人の心をも見透かす強くミステリアスな鋭い眼』だ。


サーミ人として生きるか、サーミ人を隠して生きるか、自分にとってどう生きるのが幸せなのか。1つの家系には、いつかは家系をはみ出す人間が現れる。

それが主人公エレ・マリャ。

どの少数民族にも、同じような人間が現れる。

差別をされ安全な場所で、今まで通り生き残ろうとする者。差別をされ、逆に立ち向かい隠して生き残ろうとする者。それは、どちらも間違いではない。自分の生き方は自分で選べるのだから。

その選択で、自分や自分の新しい家族が幸せならば、それでいい。

ただ心の中では、自分のルーツをけして忘れてはいけない。そのためにも、いつかは必ず子孫に自分のルーツを伝えるべきである。

そうすると子孫の中には、自分なりに生き残る方法を探し出す者も現れる。

しかし、その中には悲しい事に、他人事のように、すっかり忘れて無関心な子孫も出てくる。それも仕方のないこと。

そうなった時にこそ『完全なる同化』として民族の違いや差別などが消えるともいえる。だから東北のエミシの子孫には、北海道のアイヌように差別感すら、まるでないのだ。

良いのか、悪いのかなんて分からない。

伝統や伝承は確かに素晴らしい。でも、そこからの変化も素晴らしい。変化を恐れるよりも、前向きに、より良く進化させた方が残り続けるともいえるからだ。

芸術や建築や科学などと同じですね。常に気付けば変化し続けているのだ。勿論それにより人間も変化し続けている。そうして『進化するのも、自然なこと』なのだ。


そのようなことを考えさせられる映画なので、オススメです。

でも私にとって、肝心の「あなたたちの脳は文明に適応できない」という一文の事実証明が、映画で表現されていなかったのは残念でしたね。

単なる差別による言葉ではなくて、研究結果からのようなのですが...サーミ人の脳は、他の人種の人達と、どう違うのかを知りたかったのに...「そこはスルーかい!」でした(汗)

★サーミ人について

【遺伝子】

大分類では『コーカソイド』に属すが、ウラル語族と関連する『モンゴロイド系ハプログループN 』が48%の高頻度でみられる。

次いで多いのが『原スカンジナビア系Y染色体‐I1』で約31%みられる。

mtDNAはヨーロッパの古いタイプが多いが、東アジアを起源とする『ウラル系ハプログループZ (mtDNA)』もわずかにみられる。

詳しくはこちら→『サーミ人』

ちなみにサーミ人に似ているけれど、もっと日本人に近い顔で、動物の生肉を食べ血を飲む...まさに...元々のエミシの食文化と似た『ネネツ族』の遺伝子も『ハプログループN系統』が97%で非常に高頻度。『世界でN系統が最も高頻度に見られる民族』である。

【アイヌやエミシとの共通点】

サーミ人は、北の人間でありながら、スウェーデン人と比べると身長が小柄で、ぽっちゃりした体型をしている気がする。これはアイヌやエミシにも共通する点である。

逆に、ハワイやグアムやフィリピンなど南の人間も、そのような体型で小麦色の肌色をしている。

北と南では、肌色や髪質や瞳の色が違ったりするが、不思議と雰囲気は何となく似ている。

...これって...

アイヌや東北人は北の低身長ルーツ混じり、琉球人は南の低身長ルーツ混じりと考えた場合ですが、それなのに、お互いが近く感じるのと似ている気がしますね。どこかで繋がっていて『微妙な違いがあるだけ』という感じ。


ちなみに北日本縄文人(北海道縄文人・東北縄文人)のミトコンドリアDNA遺伝子型の中心は『ハプログループN9bおよびM7a』です。

★お気軽に、ご利用下さい★
【風夢伝説ウェブサイト】
大好評の占い相談こちら。ボランティア活動なので無料!!これが『私に出来ること』の1つなのです。
【Lera Castleウェブサイト】
パワーストーンアクセサリーご依頼こちら。感謝の声から生まれた『パワーストーンセラピスト』です。
【レラ・キャッスル公式サイト】
レラ・キャッスルが持つ全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利。お気に入りに入れて下さい。

0 件のコメント :

コメントを投稿