東日本大震災と原発事故の裏話

私自身は直接には関わっていませんが、私の近い人達が関わっていた裏話が、実はいくつかあります。その中でも、これはブログで『多くの人が知るべきだ』と思った内容を、ネット上の情報として可能な範囲、許される範囲で記録します。

★忘れられた被災地『茨城県北茨城市』

東日本大震災や原発事故というと、どうしても『東北地方』ばかりに目がいきがちです。

しかし、実は東北の福島県の隣にある、関東の茨城県北茨城市も、大地震や大津波による被災地であり、原発事故による被害者でもあった。


2011年03月11日の後、次の日ではなかったので、13日からですね。とうとう原発が危険な状態だと福島県のいわき市民が気付いた頃には、多くのいわき市民が、茨城県の集会所などにも避難していた。

そのため最も福島県に近い、北茨城市の集会所なども一杯になっていたそうです。

北茨城市民の中にも、海沿いに暮らす人達の中には、家を失ってしまった人達がいらっしゃったのですが、そのような人達の中で、「避難所に入れない」という人達が出ていた。

しかし北茨城市民は、隣のいわき市民に対して、文句の1つも言うことはありませんでした。北茨城市よりも被害が酷い状態なのを知っていますし、亡くなった方々も多い。隣ということもあり、親戚同士だったりすることもありますし、困った時はお互い様です。

そうして避難所に空きがなく、困っている人達もいるため、今度は一般の賃貸物件を持つ大家さん達が、自主的に空き物件を貸すなどして動いていた。そうして助け合っていた。


しかし実は避難せず、避難できずに、福島県いわき市に残っている人達もいて、福島県の避難所でもですが、茨城県の避難所でも『物資が届かない状態』でありました。それこそ『震災関連死が増えてしまうかもしれない最悪な状態』でした。

それは大地震により交通が困難であったせいもあるかもしれませんが、勿論、原発事故による『放射線の影響が考えられてのことであった』と思われます(汗)

福島県はテレビでもよく取り上げられる被災地でしたので、呼びかけたことにより物資を届けてもらえたようですが、茨城県北茨城市は被災地であるにもかかわらず、テレビなどでも全く取り上げられませんでした。完全に『忘れられた被災地』となっていたのです。

そこで私に近いある人が、『テレビ局かテレビ番組』それから『ロンブーの田村淳さん』にもだったと思いましたが、茨城県北茨城市の最悪な状態を伝えたところ、しばらくして『北茨城市に支援物資を届けて下さった』のです!

(その他にも、私に近いある人と同じように、伝えた方々がいるかもしれませんけどね)

北茨城市に支援物資を届けて下さったのが、2011年03月20日です。最も放射線が心配されている中でのことですよ。

なのに来てくれたという情報を知った時には、色々な意味で凄いなと思いましたし、本当に『心から感謝』でしたね。


私や、その私に近いある人は、避難所には行かず自宅にいたので、お会いすることは出来ませんでしたが、狭い田舎なので情報だけはすぐに伝わってきました。

家がある人達は、自宅で何とか生活をしている人達も多かった。避難所には家も何もかも失ってしまった人達がいらっしゃいますので、支援物資というのは、そのような人達のためだと考えてもいました。

自宅での生活をしている人達にも、物資が届いたら助かるのですが...避難所まで貰いに行ったのは、水だけでしたね。あっ、食べ物以外で毛布は残ってたようで頂きました。

北茨城市に支援物資を届けて下さった時の様子が、ネット上で見れるようになってます。ぜひ、ご覧下さい。このようなことは、なかなか出来ることではありませんよ。

こちら→『Twit Casting田村淳 @atsushilonboo』


その後、ロンブーの田村淳さんは茨城県北茨城市に行った後に、鼻血が出てしまった事実を公表したら、叩かれてしまったりなどあったようです(汗)

でも鼻血が出たのが事実ならば事実で、私は『隠されるよりはマシ』だと思いますがね。むしろ『事実ならばキチンと公表して欲しい』側です。

ただ、あの時は、福島県民となると特にですが、過敏に『風評被害』を神経質に気にしては口に出す時期でもありました。それは目に見えない物だけに、放射線への恐怖心も強かったからかと思われます。どうしていいか分からない状態でもありましたしね。

しかし私は、こう思う。

『自分の欲などのために地震予知や地震予測で騒いだり、地震が起きた後に地震予知や地震予測が当たったとアピールしたり、震災関連ビジネスで詐欺をするような、くだらない人間よりはマシだ。そういった人間の方が、よっぽど不謹慎であり、迷惑』でしかない。


被災者の色々な想いや心理や精神状態が垣間見える中で、色々な対応をされてきたと思いますが、そういった実際の経験から、今後の御自身の何かを本気で決心したのならば、私は恩返しの1つでもありますが、素直に応援したいと思いますね。

どんなに無謀なことだとしても、本当に心底『世のため人のために活動したいのならば』です。だって、それって、そう思うのも、そのために動くのも素晴らしいことですよ。

そのようなことで、世の中の人達から色々なことを言われているようですが、では、その言ってるだけの人間は、被災地や被災者のためを思って、あのような状況の中でも、自分の健康を害してまでも、動ける勇気があるのか?って話です。

言ってるだけの人間なんて、動ける勇気あるわけがないですよね(笑)言うだけなら誰でもできます。自分は動いてないのに、動けた勇気のある人間に対して、意見を言える立場でもないはず。

肝心なのは『人の役に立つために、自分で考え、実際に動けるかどうか』です。その点はクリアですので、名ばかりな政治家なんかより確実に役に立ったから、助かったのです。

ただ、算命学的には、あの星は...ないのですがね(汗)

でも学び続けた方がいい『アイデアマン』ではある。今後の御活躍も楽しみにしてます♪


★お気軽に、ご利用下さい★
【風夢伝説ウェブサイト】
大好評の占い相談こちら。ボランティア活動なので無料!!これが『私に出来ること』の1つなのです。
【Lera Castleウェブサイト】
パワーストーンアクセサリーご依頼こちら。感謝の声から生まれた『パワーストーンセラピスト』です。
【レラ・キャッスル公式サイト】
レラ・キャッスルが持つ全てのサイト・ブログ・SNSへのアクセスに便利。お気に入りに入れて下さい。

0 件のコメント :

コメントを投稿